商品のご紹介

商品のご紹介掛け布団

掛け布団
掛け布団

掛け布団の役割と、理想の掛け布団

からだから出る熱を逃さずに体温を保ち、寝返りをうっても身体を包み込んでくれるものが掛布団です。
カラダを圧迫せずに寝返りをじゃましない“軽さ”と、からだを包み込むフィット性、
理想の寝床内気象をつくるための“保温力”と“調湿性”。これらを兼ね備えた掛け布団が、理想の掛け布団です。

掛け布団の使われる素材は、羽毛・羊毛・真綿などの動物性繊維と木綿(コットン)・麻などの植物繊維、
ポリエステル等の合成繊維などの素材があります。
また、これらの中身の素材と側生地やキルティング方法なども重要な要素で、
組み合わせによって品質や機能が違ってきます。

掛け布団の種類

羽毛ふとん
羽毛ふとん

羽毛ふとん

言わずと知れた掛け布団の王様、“羽毛布団”。中身が見えないからこそ、製品化まで徹底に品質管理された、西川の羽毛布団を中心に揃えております。

真綿ふとん
真綿ふとん

真綿ふとん

シルク(繭)をわた状にしたものからつくられる掛け布団で、木綿と比べ約1.5倍の吸湿性をもち放湿性に優れているので、春から秋の季節に快適におやすみいただけます。

木綿ふとん
木綿ふとん

木綿ふとん

昔からなじみの木綿ふとん。吸湿性に優れ、天日干しすると回復力バツグンです。また、“打ち直し”をすることで繰り返し使用できるエコな布団です。当店では職人による手づくりをしています。

合繊ふとん
合繊ふとん

合繊ふとん

ポリエステル素材のわたを使用した掛け布団で、軽さと機能性が特徴です。洗える布団(ウォッシャブル)や、防ダニ、ホコリが出にくい布団。抗菌などの機能性のあるものがあります。