商品のご紹介

商品のご紹介敷き布団

敷き布団
敷き布団

敷き布団の役割と、理想の敷き布団

【第1の役割】

まっすぐ立ったとき、人間の背骨はなだらかなS字型を描いています。この型を睡眠中も保持する「正しい寝姿勢の保持」が敷き布団の役割です。

ただ、寝姿勢を保つために一般的には「硬いふとん」が良いと勘違いされている風潮がありますが、硬いだけの敷き布団は、腰や肩甲骨に圧力が集中し血流をさまたげ、寝返りが増え眠りを浅くする場合もあります。自分にあった硬さの敷き布団を選ぶことが大切です。

【第2の役割】

2つ目の役割として、体にかかる圧力が一カ所に集中しないように「体圧分散」をすることが重要になります。カラダの凸凹を吸収しつつ、理想の寝姿勢を保ち、保湿性や吸湿性などを兼ねそなえたものが理想の敷き布団です。素材には、木綿、羊毛、合繊、ウレタンフォームなどが使われています。又、理想の寝床内温度をつくってくれる「ドクターセラ」などのハイテク寝具もあります。

当店では、多くの種類の敷き布団を取り揃えております敷き布団の種類

整圧敷き布団
整圧敷き布団

整圧敷き布団

整圧敷き布団は、体圧を分散させる上層部と、それをさらに分散させる寝姿勢保持層を組み合わせて、あらゆる寝姿勢に対応した敷布団です。(敷き布団とベットマットレスタイプがあります。)

エアー
エアー

エアー

今や多くのアスリートが使うエアー。アスリートの中で口コミと紹介によりスポーツ界で広がっています。カラダが資本のスポーツ選手は自分の身体を気軽に触らせない人たちも多く、そんな彼らが体を預ける寝具としてエアー(air)が支持されています。もちろん一般のお客様にも喜んで使っていただいております。

マニフレックス
マニフレックス

マニフレックス

今から50年以上も前に高反発フォームの優位性を認識し、今や世界75か国で愛用されるスプリングを使わないマットレスです。寝心地はもちろんのこと、安心の耐久性と長期の保証が特徴です。(ベッドフレームに置くマットレスタイプと、布団として使う三つ折りできる敷き布団タイプをご用意しております。)

シープトン
シープトン

シープトン

ムートンを越えた、羊300頭のうちたった1頭の割合でしかとれない高密度な毛並でつくる敷き布団が“シープトン”です。毛1本1本がヒトの体を支え持ち上げてくれるので、まるで雲の上で寝ているように感じるのです。

温熱敷き布団 ドクターセラ
温熱敷き布団 ドクターセラ

温熱敷き布団 ドクターセラ

<電位>と<温熱>が身体にやさしく働きかけ血行を促進。疲れや肩コリ、冷え、不眠症など、気になる諸症状を緩和改善します。厚生労働省の医療機器認証を取ったメディカル発想の敷き布団です。